さきがけ日記

グルメ、料理、旅行や釣りやスノーボードなんでもやります。なんでも書きます。多趣味ブログ。

ニンニクとキャベツともつとニラだけあれば十分!!フライパンを使って20分でできる超簡単もつ鍋!!

こんにちは。

 

名古屋に住んでいますが、この頃すっかり寒くなりましたね。感覚としては、夏が終わっていきなり冬が来たかのような感じです。

今日はこれからもっと寒くなる時期に最適なもつ鍋を作っていきたいと思います。しかも具材は極力少なく、一人暮らしや時間がない人にもおすすめの超簡単もつ鍋です。

 

 

本日の食材

例によって食材のご紹介です。

牛ホルモン200g

ニラ 6束程度

キャベツ 2/3玉

ニンニク 1~2カケほど

料理酒:みりん:しょうゆ:水=1:1:1:2

鶏がらスープ:大さじ1

輪切り唐辛子(お好みで適量)

ごま油(お好みで適量)

この食材の少なさです。調味料を除いては、ニンニク、キャベツ、もつ、ニラだけの4種類です。また、学生時代もつ鍋するぞーというと大抵の学生はもつ鍋のことをそんなに知らないので白菜を使いがちですが、キャベツを使ってください。そのほうがおいしいです。

f:id:sakigake3:20181030221621j:plain

 

調理

それではちゃちゃっと作っていきます。嫁が帰ってくるまで20分ほどだったので、いかに早く作れるかがカギでした。

ニンニクをスライスする

ニンニクをスライスしていきます。余裕がある人はスライスした後に竹串でニンニクの芽を取り除いてください。私はあんまり気にしないのですが、そのほうが美味いらしいです。なんか芽は苦味の原因になるとかなんとか。

f:id:sakigake3:20181030222359j:plain

ニンニクの芽はスライスした時に断面に見えるこの緑色の部分になります。はっきりわかりますね。

f:id:sakigake3:20181030222806j:plain

 

このように竹串をニンニクに突き刺していきます。(またしてもブレブレですみません。)

 

f:id:sakigake3:20181030222543j:plain

 

 前述したとおり私はそんなニンニクの芽のこととか気にしないので、面倒だったので、途中で辞めました。

スープを作る

スープを作っていきます。料理酒:みりん:しょうゆ:水=1:1:1:2の割合で配合します。割合で書いているのは作りたい量によって様々だからです。味見をしながら調整していってください。料理の基本は味見をすることです。それはわかっていながらも私もよく味見をせずに料理を作ってしょっぱすぎたり甘すぎたりすることは多いです。

あ、ちなみにこのフライパンは中華鍋です。わざわざ仰々しく、土鍋とかではなくとも、深手のフライパンとかでも十分作れます。今回はスピード勝負なので、フライパンで作っちゃいました。

f:id:sakigake3:20181030223007j:plain

 

鶏がらスープ大さじ1(どう見ても大さじ1ではない)とスライスしたニンニクを入れてください。ニンニクの芽を取り除く作業を途中で放棄したので、穴が開いている奴もあれば、芽がついたままのやつもありますね。この状態で火にかけて、軽く沸騰させてください。ニンニクのにおいをめちゃくちゃ嫌う女子は多いですが、もつ鍋はニンニクあったほうがおいしいので入れてあげてください。個人的な感覚としてはニンニクは生だとものすごい強烈なにおいを発生しがちですが、しっかり火が通ったニンニクは一時的には臭くても、翌日まで引きずるようなことはないと思っています。心配ならブレスケアを買って2粒ぐらい食べておけばなんの問題もありません。

というかちょっとニンニク臭い女子とかパンチが効いてて私は好きです。

f:id:sakigake3:20181030223400j:plain

 

具材を投入し、煮込んでいく

キャベツともつを投入していきます。キャベツを刻む画像をとるのを忘れましたが、大体5㎝角ぐらいの大きさに切ってあげてください。

キャベツを下に敷いて、モツを上に載せていきます。モツはできるだけゴロゴロしたやつを選んでください。こてっちゃんみたいなモツだと最終的に何鍋なのかよくわからない完成形になってしまいます。

f:id:sakigake3:20181030224214j:plain

 

このようにキャベツ、モツに火が通ったな。と思ったら、お好みで適量の輪切り唐辛子を入れてください。この時点で味見をして、塩気が足りなければ塩か醤油、濃すぎたら水とかみりんとかを入れて味を調えてください。

f:id:sakigake3:20181030224425j:plain

 

味を調えたら、ニラを上に乗っけていきます。ニラは5㎝幅に切って下の画像のように一列にずらっと並べてあげるとなんかそれっぽい見た目になると思います。ニラは火が通るのが非常に速いのでこの後蓋を閉じて2分程度蒸してあげるぐらいで十分だと思います。また、お好みで適量ごま油をかけてあげてください。

f:id:sakigake3:20181030224706j:plain

 

完成!!実食!!

それではこちらを食べていきたいと思います。ここで画質を一気に上げていきます。

う、うまそうですね。やっぱりニラがあると見栄えしますね。緑は大切です。

f:id:sakigake3:20181030224820j:plain

 

頂きます。うまいっす。スーパーでこのモツを見た瞬間絶対にうまいやつだと思いましたが、予想通りうまいやつでした。スープもニンニクと輪切り唐辛子でパンチが効いてていい感じです。キャベツもホクホクでいい感じに仕上がっています。

とにかく、ビールにめちゃくちゃ合う!!

f:id:sakigake3:20181030224947j:plain

我々夫婦はよく食べる、よく飲むのでこのもつ鍋だけでは飽き足らず、前日に仕込んだ手羽元と大根の煮込みも頂きました。きれいに並べればよかった。

f:id:sakigake3:20181030225225j:plain

この卵がめっちゃおいしいんです。今度煮卵の作り方もお伝えしようと思います。

f:id:sakigake3:20181030225402j:plain

 

そして、私たちの結婚式の時に友人から頂いた大吟醸を飲んでいきます。平日にしてはなかなかの贅沢です。辛口できりっとしていて、鍋にも煮物にもよく合います。

f:id:sakigake3:20181030225418j:plain

 

最後に

今回は手間がかからない、簡単に作れるもつ鍋をご紹介しました。鍋と聞くとパーティーなイメージがありますが、そんな大層なものではなく、一人暮らしでも時間がなくても簡単につくれてしまいます。そして、美味しいです。お腹いっぱいでしたので、今回はやりませんでしたが、〆にラーメンを入れたら最強だと思います。

ぜひ、これからの寒くなる時期にサクッともつ鍋を作って食べてみてください。