さきがけ日記

グルメ、料理、旅行や釣りやスノーボードなんでもやります。なんでも書きます。多趣味ブログ。

転職後3ヶ月経過し、会社の闇が見えてきた私が今感じること。

f:id:sakigake3:20181031230910j:plain

2018年9月に転職し、2018年12月現在で転職後3ヶ月が経過しました。

今回は転職して3ヶ月経って、かなり会社の闇が見えてきた私が感じることなどを書いていきます。

合わせてこちらの記事もご覧ください。

sakigake3.hatenadiary.jp

sakigake3.hatenadiary.jp

生活について

私は転職したことによって、生活リズムが大きく変わりました。前の会社では朝8時半に起床して、10時出社し、20時には家に帰ってきているというなんとも今考えれば天国のような職場環境でした。ところが現在は、朝は6時に起床し、8時に出社し、夜は早くて21時、遅いと12時頃になることがあります。通勤時間も以前の職場は20分程度だったのが、今は毎日1時間かけて通勤しています。

これだけ見ると、ものすごい生活環境の変化で、なんで転職したの?と思われるかもしれませんね。それなりに事情はあったのですが、詳しくはまた別途記事にしていこうかと思います。

こんな劇的な生活環境の変化に対して、順応できたのか?と言われると、その答えは「YES」です。転職して3ヶ月が経過して完全にこの生活リズムには慣れることができました。

転職して1ヶ月の感想の記事でも「生活環境には慣れる」と書きましたが、この時との違いは夜21時に帰ってくることに対して、「あー今日は早かったなあ。」と思うようになりました。

転職して1ヶ月目の頃は21時頃の帰宅でも、「もう寝るまでちょっとしか時間ないじゃん!!クソかよー・・!!」と思っていましたが、今はそうは思わないですね。

私は大体寝る時間が12時頃なので、21時に帰ってくることができれば3時間自由時間を確保することができ、この3時間に対して「短い」と思うのか、「十分だな」と思うのかの違いが、1ヶ月目と3ヶ月目では出てきました。今は後者の気持ちです。

まあ、もっと早く帰ってこれればそれに越したことはないんですけどね!!

仕事について

初めの頃は仕事をしていて、新しい事が多すぎて何をするにも「怖い!!」と感じることが多かったです。例えば全く知らない部署の人たちに連絡を取って、何の知識もない自分がこちらから何かを働きかけなければならないというシーンが多々あるのですが、そういう瞬間に「うざがられたらどうしよう。」「どう話すのが正解なのだろう。」「この会社のタブーがわからない。」と思っていました。

今は全くそんなことはなくなりました。以前の職場では結構めんどくさがりな人が多かったのですが、現在の職場ではそのような人がほとんどいないのが衝撃的に感じています。こんなに真面目に仕事をする人たちがこぞって集結する会社がこの世にあったのか!!という感じです。

ちゃんと論理的に、なぜその仕事をしてほしいのか?ということが伝えられれば動いてくれない人はいません。以前の会社ではその論理を伝えても、なにかと理由をつけて動いてくれなかったり、下手すると「あいつうざい。」みたいな陰口を叩かれていることがありました。おそらく以前の職場はセクショナリズムが強すぎて外部から発生する仕事を毛嫌いする性質が非常に強かったのだと今は思います。

そういう経験を多々詰んできていた私は初めの頃はそれを恐れて攻めあぐねていましたが、3ヶ月が経過した今そういうことは全く気にする必要がないと気付いて、結構ガツガツ知らない人にもアクションをとって、仕事を進めています。

 

人間関係について

同部署内の人たちとの人間関係は充足したと思います。これ以上にもこれ以下にもならないような気がします。周りの方も私がどういうタイプの人間なのかがなんとなく分かってきた頃で、安定しました。私と直接かかわるごく身近な人間関係については特に気になることはないです。

しかしながら、私以外の第3者どうしの人間関係が気になり始めてきました。今の私の職場は人に対する優しさ、気遣い、配慮というものがかなり欠落してしまっているような職場です。

ちょっと具体的な事例をあげると、ある日入社して1ヶ月経たない中年の新人の方が、上司の方からこんなことを言われている現場を目撃してしまいました。

「そんな事って小学生のお遣いでも確認することだよね。もう少し頭使って仕事したら。先が思いやられるよ。」

これと同等なキツイ言われ方をしてしまっているのを毎日のように目撃します。この上司の人が何のためにこのようなことを言うのかが私にはわかりません。管理職の一番重要な仕事の一つとして部下のモチベーションを上げるということがあると思いますが、少なくともこの言われ方で、モチベーションが上がったり、頑張らなきゃ、と思う人はこの世の中にはいないと思います。

さらに輪をかけて問題なのがそれを聞いていた周りの先輩達は一切その人を励ましたりも、フォローすることもないということです。

しかもこれが入社して1ヶ月も経たない人への仕打ちとは私の感性では全く持って理解しがたい状況です。さすがに目に余る状況で、とりあえず私は今日その人に「大丈夫ですか。分かることはなんでも教えるので聞いてくださいね。」と声をかけておきました。

まあ、入社3ヶ月目の同じく新人の私からこう言われても、後ろ盾としては心もとないかもしれませんが、とにかく誰かが声をかけなければならない状況であることは間違いなかったわけで、なんでもいいのでとりあえず声をかけておきました。

さらにその後他の先輩にも休憩時間に雑談がてら話をしておきました。社風なのでしょうか、こういう人の危険信号を感知するアンテナを張れる人が殆どいなく、私が説明して「あーそうなのか。それはまずいな。」という感じでした。

私の会社は人手不足でまさしく「猫の手も借りたい」というような状況なわけで、仕事なんて山のようにあります。その状況下で人を潰す方向にちょっとでも舵を切ろうとしてしまう人は本当に辞めてほしいというのが正直なところです。

明日、幸いにもさらに上層部にこういう話をできるチャンスが設定されているので、私自身勇気を出して話をしてみようかと思います。

前の職場で働いていた時は、あまり自分から会社のまずいところを進言するタイプではなかったのですが、転職したての部外者からするとさすがに目に余る状況が続いているので、くれぐれも言い方には気を付けて探りを入れてみたいと思います。

最後に

かなり、長文駄文で失礼いたしました。久しぶりにブログを書いたのでかなり発散してしまいました。私自身は仕事には慣れたのでどうってことないのですが、転職して3ヶ月が経つと会社のまずいところが見えてくる。ということが結論かと思います。

転職者だからわかることは多く、この気付きを発信しなければ転職者であるメリットがないと思うので、私は今回の職場では気付いたことは何も恐れず発信していこうと思っています。

皆さんもくれぐれもメンタルヘルスには気を付けて、快適な毎日をお過ごしください。

 転職4か月目以降の私の様子はこちらから↓

 

www.sakigake-life.com

www.sakigake-life.com