さきがけ日記

グルメ、料理、旅行や釣りやスノーボードなんでもやります。なんでも書きます。多趣味ブログ。

転職すべきかどうか悩んでいる人へ。新卒入社4年で転職してみた感想。

f:id:sakigake3:20180919210701j:plain

こんにちは。

 

仕事って本当に面倒ですよね。誰かが考えたビジネスが肥大化して、その人が手が回らないから人を雇って会社にするんです。その雇われる人たちが私たちです。そりゃー仕事なんて面倒だと思う人が多いに決まってますよね。だって、自分じゃなくて、誰かが考えたビジネスなんですもん。

 

すいません。愚痴でした。

 

今回は、新卒で入った会社を4年で辞めた私が、転職すべきかどうか悩んでいる人たちへ私の経験を踏まえて参考になるような情報をお伝えできれば幸いです。

 

 

精神的に支障が出ているなら辞めたほうがいい

世の中には朝から夜中まで仕事して、次の日も朝から・・みたいな非常にタフな仕事をされている方もいると思います。日本は本当に恐ろしい国ですね。さらにその時間的な拘束だけでなく、上司からの叱責、納期というプレッシャーに心まで締め付けられて、いよいよ首が回らなくなった。ということもあると思います。

こうなってくると平日はおろか、休日すらも仕事のことで頭がいっぱい・・という状況になる方もいると思います。そのような状態の方はきっぱり言いますが、さっさと辞めてしまったほうがいいです。

世の中には仕事なんてごまんとあります。働き方改革もそれなりに機能しつつある部分はあるので、ホワイトに働ける会社は増えています。それに、そんなタフな仕事を続けてきたあなたなら、ほかの会社に行っても余裕です。

 ただ、転職して、またしてもブラック企業というのは避けたいので、必ず転職エージェントには残業は〇〇時間以内で!とか断言しましょう。やんわり伝えているとエージェントは平気で条件をオーバーしている企業を提案してきます。その時は怒ってください。本気度を伝えてください。

そして挙句の果てにはあなたを妥協させようと思って「世の中そんなもんですよ。」的なことを言われる可能性もあるのでそれに屈しないようにしましょう。

3年は経験を積んでから、は嘘

よく、新卒で入った会社がどんなにブラックでも3年は耐えなさい。みたいな話を聞きますが、私はそんなことはないと思います。とくにこの2018年の時代においては。今はアベノミクスにより経済が回復してきて、多くの会社が業績が回復してきたと同時に人手不足になり、採用活動が非常に活発になってきています。就職市場、転職市場は現在売り手市場と言われています。

この状況は2020年まで続くといわれています。もし、あなたが現在入社1年目で、3年後になったら、2021年ですね。東京オリンピック後に経済が下火になってしまったら、転職市場は衰退しているかもしれません。下手したらまた就職氷河期みたいなことが起こるかもしれません。

次の転職先が決まってから辞めたほうがベター

これはその人の状況によりけりです。次の転職先を探す暇もない人とかもう心が完全に枯れ果ててしまって、どうしようもない人は辞めてから転職活動するのもいいでしょう。そこまでではない人は在籍しながら、有給などを駆使して活動をしてください。

会社を辞めてから転職活動をし始めて、なかなか決まらずにいると焦りが生じてしまい、またブラック企業に決めてしまう可能性が高いからです。そして、またさらに転職しようとなった時に経歴に空白があるとマイナス点になるので、できれば現在の会社に在籍しながら転職活動をして、空白を開けないことをお勧めします。

上司が嫌いというだけならちょっと考えよう

上司がとにかく嫌いだ!!という人はちょっと考えたほうがいいかもしれないです。

その上司と今後10年一緒に仕事しなければならないのであればきついと思います。辞めたほうがいいかもしれないです。でも、3年とかそのぐらいなら、我慢したほうがいいです。私も最初の会社で嫌いな上司に当たってしまいましたが、その人は定年間際の年齢だったため、3年絶えました。その後上司になった人はすごくいい人でした。その時は絶えてよかったと思いました。まあそこから2年でかくかくしかじかの事情があり結局私が辞めてしまったのですが。

また、基本的には同じ会社で長く働き続けるのはいい事だと思っています。自分の立場がその会社の中で確立されていれば、安心して仕事に取り組むことができます。

実際に転職してみた感想

 私は現在転職して3週間目になりました。私は幸い直属の先輩がすごく優しいので助かっています。そんな環境下の私でも転職後は不安がつきまといます。業務知識もないでのに、研修や仕事のことを事細かに教えてくれる人などはいません。働きながら自分でいかに自分の道を切り開いていくかという勝負になっています。

また、転職をすると人間関係も1からやり直しです。新卒ブランドを捨てたのであれば、会社から新卒入社社員と同じような厚遇を受けることはできません。

私は自分の選択が正しかったと今のところは思っていますが、やっぱり会社はそれぞれ良いところと悪いところはあるので、前の会社を怒りに怒って辞めた割に、転職後は前の会社の良いところを思い返してしまいがちです。その瞬間は結構寂しくもなります。

最後に

私も悩みに悩んで、ご飯も喉を通らないぐらい悩みまくって転職を決断しました。結果第一志望で考えていた転職先へ転職することはできました。ただ、転職というのは転職先が決まったらそこで終わりではなく、転職先で働き始めてからが勝負になります。私も今その段階にいるので色々と給与などの条件が良くなった部分はあるものの、必死です。まあそうは言っても必死にやりつつ、楽しく働けたらいいですね。